●更新日 01/22●






渦中の「みのりフーズ」に行ってきた〜CoCo壱番屋の廃棄食品横流し事件








ガルエージェンシー岐阜第一 ガルエージェンシー岐阜第一
岐阜県庁近くに事務所を構える、立地条件のよい支社。岐阜県内は勿論、ガルネットワークを生かして全国を奔走する。調査力には自信あり。ご依頼者様第一主義を貫き、アフターフォローにも定評がある。弁護士からの信頼も厚い。
ご相談はこちらから 0120-126-007




連日紙面を賑わしている、カレーチェーン店「CoCo壱番屋」の廃棄食品が横流しされた事件で、渦中の製麺業者「みのりフーズ」に行ってきた。


場所は岐阜県羽島市。名神高速道路の羽島IC近くで、最近オープンした会員制倉庫型スーパーの「コストコ岐阜羽島倉庫店」に近い。

この日は前日から降った雪が残っており、取材時でもみぞれ混じりだった。建物の周囲は、車両が対向するのにも気を使う車幅の道路。

みのりフーズ

みのりフーズ

シャッターに「軽作業員急募」の貼り紙がしてあるが、一部欠けていてすべては確認できない。

みのりフーズ

みのりフーズ

みのりフーズの実質経営者は報道陣の取材には応じているものの、毎日のように言うことが変わっている。

県などの関連機関による立ち入り調査の可能性からか、現場にはタクシーや報道機関の取材車両が現在でも待機していた。

みのりフーズ

みのりフーズ

柵の奥には賞味期限の切れた味噌漬の段ボールが複数確認できたが、中身が入っているかは不明。中身が入っているのであれば、それをどうするつもりだったのか気になるところだ。

みのりフーズ

みのりフーズ


1月18日には、岐阜県内の警察署長や県警幹部が集まる警察署長会議で、古田岐阜県知事が実態解明の連携を呼びかけた。

ゴミが食品になったこの事件。もともとは遺物混入や賞味期限切れのための廃棄処分であるが、健康被害が確認できていないのは不幸中の幸いなのかもしれない。

しかし、悪意を持って今回の不正行為を働いた者には、しっかりと罪を償ってほしい。



ガルエージェンシー岐阜第一 ガルエージェンシー岐阜第一


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ニュース
絶対に寝てはいけない探偵24時
もうすぐ大相撲名古屋場所!横綱白鵬の部屋に行ってみた
白熱する大相撲名古屋場所…白鵬の物議を醸した行為を目撃!!



探偵ファイルのTOPへ戻る