●更新日 11/08●






隠れた街の防犯者








ガルエージェンシー浦和 代表・川島 清久 ガルエージェンシー浦和 代表・川島 清久
埼玉県庁前の好立地にある支社。どんな依頼者様にとっても、最大かつ最高の味方であり、理解者でありたい。常にこの心がけを忘れず、日々調査に臨んでいる。依頼者様と二人三脚で問題解決に取り組む姿勢は、依頼者から高い評価を得ている。
ご相談はこちらから 0120-631-088




朝夕めっきり涼しくなり、秋も深まってきました。数か月前の猛暑が嘘のようです。
今年の夏は、皆さんもさぞご苦労なさったことと思います。


探偵も日中の気温が38度を超える中、調査がない日は大汗をかきながらチラシ配りをしていました。

しかしながら、あまりの暑さに生命の危機を感じたため、夕方から夜間にかけて配るようになりました。


そんなある日、某地区でチラシを配っていた時のことです。
そこが他の地区と比べて、極端に街灯が少ないことに気づきました。

近隣住民とすれ違うこともほとんどなく、ただ1人私だけがあっちの路地、こっちの路地とウロチョロしているだけ・・・

写真


その瞬間、私の中にある決意が芽生えました。

俺がこの街の防犯者になる!

何をトチ狂ったのか、それとも暑さと疲労で頭がイカれていたのか、妙な正義感が湧き上がったのです。


それ以来、チラシを配るという本来の目的とは別に、街の防犯の一助になればという使命も併せ持ちながら、あっちをウロチョロ、こっちをウロチョロしています。

1日平均20キロ近くは歩いているでしょうか?
その割に痩せないのは、ご愛嬌ということで(汗)



ガルエージェンシー浦和 ガルエージェンシー浦和


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ニュース
マイナンバー制度で激震が走る!?どうなる風俗業界
燃えるジャングル
電車を止めてしまったら



探偵ファイルのTOPへ戻る