●更新日 05/25●







ホスト探偵 〜男ってどうしようもない〜





オトコというのは、いくつになっても女性の話が好きなものだ。
しかも、その手の話は事実を大きく膨らませて、
面白おかしく話すのが定説である・・・。

先日、同業他社の探偵と話す機会があった。

彼が言うには、浮気調査の依頼者の女性とは親密になりやすいらしい。
親密さの度合いは様々あると思うが、
話の流れからアバンチュール的な内容なのは間違いない。

調査を依頼する時、依頼者は抱えている疑心や不安を探偵に打ち明ける。
自分の悩みを理解してくれて、それを解決してくれる探偵に対して、
頼りになる心強い味方だと過度に思ってしまう。

そして、調査により対象者がクロだと分かった場合、
悔しさの為か、依頼者の女性の口から、
「私も誰かと浮気しようかしら・・」「どこかに遊びに行きたい・・」
「独身に戻りたい・・・」などの言葉が出ることが多い。

ココが大事なんだよ! と彼は強調する。
彼曰く、それがお誘いのサインだと言うのだ!!

依頼者はパートナーに浮気されて、自信を失いかけている。
そんな時、理解者であり味方である探偵が目の前にいる。
弱っている私を精神的にも助けてもらいたい。
自分が女として、魅力的だと思わせてほしい・・・。

そんな依頼者のサインを彼は見逃さず、
「サービスフォロー」と称し、料金以外のモノも頂いてしまうらしい。

あくまでも、探偵は探偵。ホストでは無いわけで・・・。
浮気をしたパートナーを調査して退治した後で、
依頼者の女性まで同じ穴のムジナに陥れるのは如何なものか。
しかも、探偵が・・・!!

実際のところ、この話の真相の程はわかりません。
酒の席のヨタ話という気もしています。
何はともあれ、依頼者と真の信頼関係を築くことができる探偵でなければ、
と思った次第です。



ガルエージェンシー北九州



◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next