●更新日 05/11●







続酔拳 外伝?





前回、浮気調査の対象として松下奈緒さん風の女性を追尾していた我々。
彼女がお洒落なシティホテルに入ったと同時に、別の出入り口から交際相手の男性が出てきて……。


という事で2班に別れ、対象者と男性の追尾開始!

男性は、タクシーで15分程にある歓楽街でこれまたお洒落なバーへ。
対象者は、ホテルのエレベーターで上階へ。
        
上階の1室に着くとドアの前でガチャガチャ……開かない……携帯電話を取り出し通話……。

すると、突然床に崩れる様に座り込み、最初は少し控えた声で、
「今どこに居るの? ごめんなさい……どこ?……お願い……教えて……
ごっ、ごべんなざい……!!(泣)(泣)(泣)

今まで気品あふれる淑やかな対象者が、ホテル客室の廊下であろうことか床に座り込み、まるで幼児の様に泣き崩れたのだ。

写真

私は姿を隠しつつ、困り果てていた。

すると対象者が泣き止み、立ち上がると
「わかった、絶対そこにいてね。どこにも行かないでね、直ぐに行くから」
と言うや否や、エレベーターへ向かって走り出した。

私は直ぐに、外で待機している調査員へタクシーを確保するよう指示。
対象者に少し遅れてホテル1階へと向かった。

予想通り、対象者はタクシーにて男性の待つお洒落なバー付近へ。
男性監視班へも既に連絡済。

写真

しかし……

対象者は男性と携帯電話で通話するものの、酔っている為かお洒落なバーを見付けられない……。

こんなに目と鼻の先に居るのに出会えない……。
我々調査班同士は出会えているというのに……。

かなり取り乱し、付近を行ったり来たり……そしてついに……、
車道に出て再び崩れ落ちる様に座り込み……

「おでがい……ゆるじでぇ〜……(泣)(泣)(泣)」

2人の間に何があったのかは定かではないが、大勢の野次馬の中、
めでたく? 2人は合流出来た。

お酒はこんなにも人を変えてしまうものかと、複雑な気持ちになった酔拳使いの探偵であった。

写真 写真


今回はオチなし!(潔く!)



ガルエージェンシー池袋駅前



◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next