●更新日 09/25●


吉本芸人ブログ大炎上!浅田真央の顔マネに非難殺到


吉本興業所属の芸人「増谷キートン」のブログが炎上した。

増谷は、2010年9月23日にフジ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」に登場。同番組に出るのは4〜5年ぶりとのこと。この日は、新宿の「ルミネtheよしもと」にも久々に登場したそうだが、公演前と終了後の帰宅途中にも、Twitterで番組出演を告知していた。

写真

放映後には、「多くのリプライがあったので、結果を残せたんだなと喜んでおります」と書いている。増谷が披露したのは、浅田真央のネタだった。浅田に扮した増谷は、彼女が演技中に見せる一瞬の表情やポーズを真似た。すると、浅田を侮辱しているとの非難の声が、番組を見た人々からネット上に続出。増谷のブログにも書き込みが殺到し、炎上状態に。

写真

必ずしも浅田のファンではないという人々からも、「不快である」、「スポーツ選手に失礼」といった意見が寄せられた。ネタの内容がコーナーの趣旨に合っていないという指摘や、増谷の芸を完全に否定する書き込みも目立つ。中には、「とりあえず東上線のホームでは後ろに気をつけろよ、増谷」という恫喝の書き込みもあった。その後、増谷はブログの25日の更新にて、炎上した割には期待していたほどアクセスが伸びなかったと報告している。

写真

これまでも、選手の演技中の一瞬の表情をとらえた写真が新聞等に掲載されると、選手らを揶揄する意図があるのではないかと、ネット上で物議を醸してきた。特にフジテレビは、浅田をゲストに呼んだスタジオに、彼女が転倒した瞬間の巨大なパネルを飾ったり荒川静香が浅田を評価した部分だけ音声を消したり、理解に苦しむ演出を繰り返してきた。

今年2月9日には、やはり吉本所属のハリセンボンが、バンクーバー五輪の開始直前に浅田をネタにして、ブログが炎上した。TBS系「侍チュート!」にて、箕輪はるかが演じる「顔に難のある」日本人が、憧れの男性に告白するというコントだ。「トリプルアクセル」をはじめ、箕輪は浅田を連想させるネタを連発するのだが、「KIMU YUNA」という韓国人に惨敗し、失恋してしまうという展開だった。新聞記者からの情報によると、これが放映された当時、視聴者からの苦情の投書が新聞社にも来ていたという。

写真

24日、当サイトでは吉本興業東京本部に取材を申し込んだ。質問事項をfaxで寄せてほしいとのことで、指定された番号に送信したが、本記事執筆時点までに回答は届かなかった。



探偵T



◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next