before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next

●更新日 01/16●
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加







高校球児が店のタバスコを鼻の穴に!取材で新事実が





先日、高校球児たちがTwitterで物議を醸した。騒動のその後を取材したところ、新たな事実が発覚した。

問題視されたのは、以下のツイートだ。「○○が突然、『やばい。鼻血止まらん止まらん』って言うから、鼻に詰めとけばいいやん!って言ったら『俺は少しでもみんなの役に立ちたい!!』とか言ってタバスコに募血し始めた。今後ジョイフルでピザなどを食べるときはタバスコにご注意を」
(※「○○」の部分には、漢字表記の苗字が書かれていた)。

高校球児が店のタバスコを鼻の穴に!取材で新事実が

ツイートした生徒と画像の生徒は、野球部の1年生だ。彼らを批判する人々に対し、周囲の友人たちは反撃を試みた。友人たちは人々を挑発したが、一方で未成年飲酒の記録なども判明。その後、株式会社ジョイフルが調査結果をHPに掲載した。店舗を特定し、店で使われていたタバスコを廃棄処分したという。

高校球児が店のタバスコを鼻の穴に!取材で新事実が

高校球児が店のタバスコを鼻の穴に!取材で新事実が

彼らの通学先は、大分県別府市の明豊高等学校だ。当サイトでは、同校に取材した。本件に関して調査を実施した上で、生徒らを連れてジョイフルへ謝罪に行ったという。同様の行為を繰り返さないよう、厳重に注意したそうだ。それと共に、厳しい処分を下したという。未成年飲酒の件も詳細を調査中で、対応を進めているとのこと。

ネット上では、本件を問題視する人々が、各方面へ調査を求める動きも見られた。公益財団法人日本高等学校野球連盟の担当者によると、今回の騒動について人々から情報が寄せられているそうだ。野球部員による不祥事が発覚した場合、当該の高校から都道府県の高野連に報告することを義務づけているという。

その内容は、都道府県の高野連によって文書化され、高野連本部に報告される。報告がまだ届いていないため、現時点では判断できないという。報告書が提出され次第、詳細を確認して対応を検討するとのことだった。


その他の証拠画像は、こちら

※モザイク加工は当サイトによるもの


高橋 高橋




mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加





before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next



探偵ファイルのトップへ戻る