before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next

●更新日 09/22●
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加







不衛生行為で炎上のラーメン店が復活!驚愕の新事実





滋賀県彦根市の「樹〜Itsuki〜」がブログにて不衛生行為を自慢し、炎上したという騒動を、先日の記事で配信した。

前回触れた通り、当サイトでは滋賀県の湖東健康福祉事務所(彦根保健所)に関連情報を提供した。その後、保健所から連絡があった。店への立ち入り調査を実施し、問題視された点について衛生指導を行ったそうだ。

読者からの情報によると、炎上騒動以降、店の入口に謝罪文が掲示されたという。「今後、失った信用を取り戻す為、店主、従業員の再教育に努めさせて頂きます。営業再開は未定とさせて頂きます」。また、「画像の寸胴は穴あきの物を使用しており、2ヶ月前に処分し、仕込みには使用しておりませんので御安心ください」と書かれている。


ところが、9月18日に読者が店の前を通ると、早くも営業を再開していた。そして、入口の貼り紙もはがされていた。「再教育」が完了したということだろうか。これが、営業を再開した樹の外観と店内の画像だ。


さらに、以前に更新していた別のブログの存在が判明。2011年9月には、店員の背中や股間に火をつけるというネタを、店内で行っていた。宴会芸を披露した更新内容では、「商い中」の札を股間に当てるという悪ふざけを公開。また、鼻から火を出したり頭に火をつけたりといったネタを、やはり店内で実行していた。



ちなみに、ブログを書いていた「なまちゃん」は同店の代表だという情報も、地元住民から届いた。彼が更新していたのだとすると、店員らを「再教育」する資格などないはずだ。

樹への取材を再度試みたが、店の携帯電話はスイッチが切られている模様だ。営業時間帯にも休憩時間帯にも、電話に出ることはなかった。ブログやFacebookは更新が止まったままで、店の公式見解は依然として掲載されていない。


その他の証拠画像は、こちら

※モザイク加工は当サイトによるもの



高橋 高橋




mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加









探偵ファイルのトップへ戻る