before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next

●更新日 04/14●
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加







渋谷駅前での集団迷惑行為に非難殺到!その正体は





USJの騒動が相次いで報道される中で、今度は東京の渋谷での出来事がTwitterで発覚して、大変な騒ぎになった。渋谷駅前のスクランブル交差点といえば、多くの人々が常に行き交うことで有名な場所だ。その横断歩道で迷惑行為に及んだ集団が発見され、非難が殺到した。

写真

発端となったツイートをした男性が掲載した画像を見ると、横断歩道の上に11名の集団が座り込んだり寝転がったりしている。彼らは飲み物や所持品を地面に置き、ポーズをとって記念撮影した。この集団は、バンドのライブに参加した人々だった。

写真

もう一つのアカウントのプロフィールには、好きなアーティストの一覧があった。「全て音源有。ほしかったらあげりゅよ」と書かれており、著作権のあるものを不正に配布していた可能性がある。彼は自身の顔画像を公開し、ブログには本名や生年月日が、mixiには勤務先が書かれていた。

当サイトでは、彼の勤務先とされる凸版印刷株式会社に連絡をとった。総務部の担当者によると、今回の騒動は初耳だという。関連情報を提供したところ、社内で確認をとり、事実であれば本人に指導する方針であるとのことだ。

上記の男性とやりとりをしていた別の男性は、先月にも渋谷駅前の横断歩道にて同様の行為に及び、その画像を自慢していた。渋谷や新宿をはじめ、各所の路上や店頭に大人数で寝転がって記念撮影という行為が定番となっていた。彼も自身の顔画像等を掲載し、勤務先は三鷹市内と公言している。

写真

写真

自身の職場を撮影したという画像には、杏林大学の建物と看板が写っていた。同大の広報・企画調査室によると、やはり本件に関しては全く知らなかったそうだ。詳細を尋ねられたので、騒動の概略や経緯を説明した。同大では、該当する人物の有無や事実関係について調査するという。


その他の証拠画像は、こちら

※モザイク加工は当サイトによるもの



高橋 高橋




mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加









探偵ファイルのトップへ戻る