before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next

●更新日 04/07●
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加







ニコ生のコレコレ、アニメ映画の盗撮映像を違法配信





未成年者を脱がせる猥褻な配信で世間を騒がせたニコニコ生放送の「コレコレ」に、また新たな問題が発覚した。

コレコレはUstreamにて、劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」の動画を公開した。見知らぬ相手から送られてきたそうで、その動画を画面に表示し、いくつかの場面を見せた。スクリーンや客が映っていて、映画館内での盗撮であると確認できる。

ニコ生のコレコレ、アニメ映画の盗撮映像を違法配信

映画のオープニングを「大好きだからずっと見てるんだけどさ」という。動画の撮影者は捕まるのではないかと、コレコレは述べた。すると、コレコレがその動画を所持していることも危険だとリスナーから指摘された。しかし、ファイルの内容を知らずにダウンロードしたので、自身が捕まるはずはないという。

ニコ生のコレコレ、アニメ映画の盗撮映像を違法配信

上映作品の盗撮は、「映画の盗撮の防止に関する法律」で禁じられている。一方、盗撮動画の公開については、条文に書かれていない。そうした行為は、著作権法に関わるようだ。この点を、文化庁の著作権課に尋ねた。

ニコ生のコレコレ、アニメ映画の盗撮映像を違法配信

担当者にコレコレの配信内容を説明したところ、明らかに違法行為であるという。映画館での盗撮動画をネット上で公開することは、たとえ動画の一部や静止画であっても、法に抵触するそうだ。また、今回の場合は違法性を予想できた上で公開したという点で、悪質であるという。

映画の配給元の株式会社アニプレックスでは、本件を知らなかったというので、概略と経緯を説明した。同社でも、コレコレの行為は違法である可能性が高いと判断するという。実物を確認したいとのことだったので、当サイトに寄せられたコレコレの配信内容の録画を4月5日の夜に同社へ送った。

なお、当サイトでは文化庁の助言に従い、アニプレックスへの情報提供後、コレコレの配信内容の録画を破棄した。また、情報提供者にも破棄を要請した。

その他の証拠画像は、こちら

※モザイク加工は当サイトによるもの



高橋 高橋




mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加









探偵ファイルのトップへ戻る