●更新日 05/30●







★角川慶子のセレブ探偵★「芸能人の売春事情」〈その2〉





前回は事務所斡旋型の売春について書きましたが、なんで私が知ってるかって? それは芸能界引退後、ぷらぷらとしてた時期、青山のガソリンスタンドで芸能界のドンに国分佐智子と間違われ、声を掛けられたんですよ。

それからというものドンに連れ回され、前回でも触れた新宿高級ソープ「バルボラ」のオーナーMさんがやっていて、当時青山にあった「ミューズ」というクラブにちょくちょく行くようになったんです。VIPルームには「バルボラ」で働くソープ嬢と顔を見れば分かるレベルのタレント、女優がいつもいて、ドン周辺のオヤジと乳くり合っていました。オトコ芸能人の姿もありましたが、遊ぶというよりかは、ドン周辺のオヤジの機嫌取りといったところ。私もオンナ調達ぐらいはやっていましたね(笑)。

で、今回は自発的売春について書きたいと思います。

●自発的売春 〜ソープ〜

タレントやモデルはいつ仕事が入るかわかりません。事務所にバレずに売春をする場合、自由出勤が可能な売春に限られてきます。

女優のMや歌手のIは、ソープ出身で有名ですが、それは全く売れる前の話で、そこそこ売れてる子が働く場合、「バルボラ」のように店側の理解がないと不可能な話になります。女優のMが働いていたのは吉原「ピカソ」で、歌手のIは川崎「琥珀」ですから、どちらも超と言っていい程の厳しい店で無理だと思いますね。「ピカソ」のY社長とは面識がありますけど、芸能人だからって融通をきかせる人ではありません。私の知ってる限り、現在吉原で現役芸能人がいるのは「将軍」しか聞いたことがないです。「将軍」はネットの顔出しを拒否できますし、出勤予定も前日でOK。しかも1日2時間の出勤でOKらしいのです。総額6万ちょっとなので超高級ではないのですが、芸能人が在籍していることで店のレベルが上がり、面接難関店で有名です。

実は昔、キャンギャルの友達が働いていたのですが、オーナーは道後温泉で旅館をやっていて、こちらに進出してきたとか…(注・現在も同じか不明)。本職の風俗嬢ではなく、芸能人かS級のクラブホステスに働いてもらいたいようです。



写真





◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next