●更新日 11/04●











安倍首相、自国の子には冷たい










同じ日に2つの記事。

・アウン・サン・スーチー氏と会談した安倍首相は8000億円の支援を約束
・野菜の高騰で給食中止。30小学校、13の幼稚園 三重



3本の矢の経済政策が失敗し破れかぶれの安倍さん。外交で人気を取ろうと必死なのは分かるが、最近はどこの国とも金で解決しようという姿勢ばかりが目立つ。はっきり言って世界から馬鹿にされている。国の借金がとんでもない額なのに、訪問すれば必ずお金をくれるからだ。
私が秘書の時、交渉力のない外相や総理大臣を呼ぶ隠語として「おみやげ大臣」というのがあった。まさに今の安倍さんはおみやげ大臣そのものだ。
もちろん、ミャンマーの経済発展に寄与すれば進出する大企業は恩恵を受ける。でも、8000億円を国が作るコストはその3倍以上だ。
同じ日に自国の子供の給食が停止されたとニュースに流れる。スーチーさんにあげた8000億円のニュースよりも世界に伝わるスピードは早いだろう。恥ずかしいとしか言いようがない。
野党も石破さんも今のところ対抗勢力にすらなっていないし、しばらくは安倍さんがおみやげをバラまき続ける構図は変わらない。8000億円、自国の子供にバラまいてくれないだろうか?





BOZZ(渡邉文男)







探偵ファイルのTOPへ戻る