●更新日 02/23●







良い財布のススメ





えりすの変な記事、財布の値段が年収の200倍とか真っ赤な嘘っぱちだ。税理士が書いた本らしいが、一体どれだけ資産家の財布を見て来たんだよと。私のほうがずっと見守ってきたから言うが、一番多いのは5〜7万円の二つ折り財布だ。金持ちでも男なんてそんなもんだ。たまに分厚い長財布持ってる紳士も見かけるが、たいがい不動産屋とクラブの店長だ。
それが最近のブームのおかげか高級な長財布を持つと金運が上がるとかで勘違い野郎が急増した。まったくもって


サイフ屋の陰謀。


私のワニ財布をえりすは30万円と書いたが、えりすに値段を聞かれ「いくらに見えるか?」と問うたら彼女が30万円と答えたので否定しなかっただけで実際は1万7千円だ。彼女は価値観が変だ。
しかもほとんど使ってない。毛皮のコートを着る時だけ財布が落ちないようにスベリの悪いワニ革を使っているだけだ。

そこで、私のオススメを公開しよう。最高の財布を。
巷で言うデカジップ長財布のカテゴリーで

メイド・イン・ジャパン

写真


これは外せない。国によってカードの大きさも違う。
それでは財布選びのポイントを披露。


写真

開閉度は110°以上が理想。これ以下だと狭くて使えない。
かっこ良くて高価な財布はこの条件をほとんどクリアしていない。


写真

カード格納枚数は20枚以上がベスト。私はカード室が蛇腹で開くタイプをチョイス。頻繁に使うカードもサッと取り易い。
よって札室はひとつで十分。ふたつってどんだけ金持ちなんだよ? 領収証しか入ってないくせに。



写真


革はハード過ぎず柔らか過ぎないものを。堅いと使い辛くて案外痛みやすい。
そして、ファスナーはYKK。← キモ
この財布で2万9000円ナリ。肌触りもバツグンだ。幅も9.5センチと小さく、内ポケットにサクッと入る。メーカー・品名は宣伝になるので書かないが、私は伊勢丹で見つけた。


モノは値段じゃない…が、安かろう悪かろうはもっとダメだ。
作り手のこだわりがプンプン匂う財布を探し出そう。加齢臭もフッ飛ぶぞ!




BOZZ







◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next