●更新日 07/21● このエントリーをはてなブックマークに追加







あたし、巫女なんですよ(角川慶子)





プロフィールにも「巫女」と書いているので、奇妙に感じた人は多いと思います。今日は自分の話をしますね。

写真
(写真提供:ワニマガジン社)

巫女としての活動はマイ神社の「明日香宮」(群馬県嬬恋)でやっているのですが、もともと巫女体質なので沢山の不思議体験をしてきました。あ、ちなみに神社の宮司は父上ですよ(笑)。


最初の不思議体験は生まれてすぐです。窓の近くで寝ているとUFOと交信。そのUFOの棲む星から自分は地球にやって来たのだと確信しました。

実際に色々感じるようになったのは十代半ばからで、ヤバいエネルギーの人間を見るとモヤがかかって見えたり、低級霊の多い場所へ行くと吐き気や頭痛がしたり、車で走ってて、前の車がぶつかるビジョンが見えたと思ったら、その車がバイクと接触事故をしたり…かなり霊能力に振り回されています。

1番困ることは、パスモ的なカードがすぐ使えなくなることです。よく「携帯電話から離しておきましょう」とか言うじゃないですか。私の場合「自分から離しておきましょう」なんです。特に仕事の山場、怒っている時に持つとすぐにダメにな ります。

せっかくなんで、巫女が教えるヤバイ場所を書いておきますね。


新宿 四季の道
ゴールデン街の裏で、元は都電が通っていた場所です。昔は今ほど負のエネルギーはなかったのですが、新宿コマが閉鎖された頃からおかしくなった気がします。ホントにヤバい!

写真

用賀 O○マート新用賀店
激安スーパーです。安さに惹かれて行ったのが終わりでした。地下駐車場に車を止めエレベーターを待っていたら、何体もの負エネルギーがぶつかってきました。地上に上がる階段は近くになく、軽いパニックに陥りました。後に元墓場だったと聞きましたが定かな情報ではありません。でも、まともな土地じゃないことは確かです。歩道は普通のエネルギーなので、用賀という土地が悪いわけではありませんよ。

写真



写真





◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next