●更新日 04/27●







瓦礫作業「10日で30万円の仕事」





知人から福島の瓦礫の片付けの仕事の話を耳にし、“10日で30万円の報酬に目がくらんだ”件です。
ーー前回はこちら

4月20日以降になっても詳細の連絡がなく、たった今紹介元の所に問い合わせを致しました。
今回の仕事の出発は四月末〜五月初旬予定でしたが、延期になりました。理由は作業予定場所が避難区域から警戒区域になった為だそうです。

国からあるゼネコンに業務の依頼があり皆福島県入りを嫌がって人が足りないので個人的に人脈を伝い、今回の話が私の所まで回ってきたそうです。
(私が話を聞いたのは日焼けサロンの店長(履歴書を持っていった方)その店長の先輩の先輩が○○○の方だと電話で伺いました。)


作業を進めないと困る方も大勢いらっしゃると思うので、また動きがあればすぐに連絡を頂けるとの事でした。
身の上話になってしまうのですが、今回の話を両親にした所父親に反対されました。今まで一度も私がやりたい事に反対しなかった父がです。
しかし私の意思は決まっているし、きっと父も私の事を心配して言ってくれたのだと思います。
今朝母親からメールがありお父さんは僕の事心配して反対していたのだと、自分の人生だから自分のやりたいようにすればいい、しかし自分を大切にしてくれと言ってくれました。

うれしいです、ただただそれだけです。


自分の人生を自分で選択し決断しだしてから人生が楽しいです、覚悟もできています。
父は「福島に行くのは今だけどうにかなればいい人、後先が無い人が行けばいい」と言っていましたが、私はこのようなチャンス(不謹慎に思われる方もいらっしゃると思いますが申し訳ございません)は二度と無いと思います。

平和すぎる日本に生まれそれが普通だと思いたくないのです。
地獄を見てみたい、感じてみたいのです。
そして何年かかるかわかりませんが、いつか復興した福島をみて人間の凄さも実感したい、そう思っています。
周りは怖くないの?と言ってきますが私は恐怖よりもワクワクの方が大きいです。


絶対に私は福島に行きます。
一番はお金の為ですが 笑



中上





◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next