●更新日 12/23●

カモがねぎ背負ってやってきた〜絵画販売編〜


カモねぎ企画第2弾は「エウリアンのお姉さんについていってみよう」です。

※エウリアン 渋谷・秋葉原等の繁華街で、通行人に「絵の展示会をやってます」 と声をかけて
画廊に連れ込み、強引にシルクスクリーンを売りつける人々(会社)。
入った客を契約するまでは帰さず何時間も拘束する。
(そのため「とりあえず帰りたいから」という理由で契約する人多数)

エウリアンの代表格として有名な「アールブリアン」は現在「ABGグループ」としてグループ化。
販売店を分社化することで被害数をごまかしている。
(参考:2ちゃんねる【悪徳画商】A.B.Gグループ【エウリアン】


写真 写真 繁華街でよく見る光景 。このままエウリアンに侵略されてしまうのか?

写真
ポストカードを受取った途端、喰いついてきます。「ハイエナ」「ピラニア」って言葉がよく似合います


店についていくと、販売員がぴったりくっついて離れません。
そして、店内の3分の1も見ていないのに
「もし、店内にある絵の中で自分の部屋に飾るならどれが良いですか?」
適当に答えると、
「その絵は入ったばかりで、ウチのイチオシなんですよ!
お客様センスいいですねー」

あれ?他のお客さんが違う絵を選んでたけど同じこと言われていたよ?
イチオシがたくさんあるんだねぇ。
写真 絵のどこが好きか客自身に話させ、「欲しい」という錯覚を起こさせる手口

絵を選ばせ、それを違う一角に移動させてセールス開始。
「私もこの作家が一番好き、初めて買ったのはこの作家の絵なんです」
「この絵を買うことによって、絵に似合う自分になろうと頑張ることができた」
「仕事でつらくても、この絵を見ることで安らげる。気持ちの切り替えもうまくできるんですよ」
「あなたがこの絵を選んだのは、これが必要だからなんです!」


お前が一枚選べって促がしたんだろうが!
絵を買うことで人生が変わるって、宗教ですか

長々と自己啓発トークを聞かされた後、ローンの案内が・・・
「月々2万5千円で持てるなら安くないですか?」
「考えていたら、いつまでも絵は買えませんよ!総額では無く月々の支払い金額だけ見てください !」
「明日になったら、限定枚数が終了してるかも知れないんですよ!」
「今日出会えたのは縁なんです。チャンスなんです」

高額なのでもう少し考えたいと言っても聞いてもらえず、
同じセリフを何回も繰返した後、販売員は奥の事務室へ。

しばらくすると、
「聞いてください!スゴイですよ!今回特別に80万円で販売します!
責任者と交渉したんです。それで卸値で販売していいっていう許可が出たんです!」

「お客様のために頑張った私」アピール。
頑張ってくれなんて、いつ頼んだ?
卸値販売なんて、ずいぶん太っ腹ですね。
写真 何人かの購入者に聞きましたが、全員が「特別に値引きします」と言われたとのこと

拘束されること、2時間半。
思わず「メンドクサイから契約しちゃおうかな」と一瞬考えてしまいました。
写真 写真
1枚買うと、レセプションパーティに招待され、2枚目を買わされます

恐るべし、エウリアン。
ある意味、最強の新興宗教です。



横山


探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事