●更新日 07/03●

指二本で大人が持ち上がる


興味深いメールが送られてきた。

それは主に小学生の間で行なわれている、身体を使った不思議な遊び。


どんな遊びかというと

写真

1人が中心に座り、4人が取り囲む。
4人は人差し指以外の指を組み、それぞれ中心の人の両膝の裏、腋の下に、組んでいない人差し指を差し込む。

写真

持ち上げてみるが重くて持ち上がらない。


写真

次に4人は、中心にいる人の頭の上で 互いの手が触れないよう交互に手を重ねる。


もう一度やってみると…

写真

あら不思議!

●動画ダウンロード
ご覧頂くには 動画再生ソフト が必要です。



それまで重くて持ち上がらなかったのが、ウソのように、ふわり。
一体どうしてなのか!?
文部科学省をはじめ、様々な研究機関に問い合わせてみたが、どこもこの不思議な現象の原因を答えることができない。
某国立大学にある研究所

「その現象があることは知っているが、説明はできない」



しかし調査を続けると、この不思議な遊び、実はこんなところでも行なわれていることが判明。

氣功の講習では一番の初歩です」

と話してくれたのは、都内で氣を取り入れた療法を行なう伍行療術院・船橋武文院長。
院長曰く、人間は生きている間、常に氣を出しており、この場合も

「4人が氣を出して、座っている人の氣の流れを調整しているのです」

そうすると座っている人の身体が軽くなるのだという。
また「持ち上がる」という意識が自己暗示的な作用ももたらすとのこと。

写真

とにかく、この不思議な現象は目の錯覚でも、気のせいでもない

写真

●もう一回


氣のせいなのか!?



お試しあれ。



リ・コウジ 写真


探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事