●更新日 12/05●

CD売上の水増し発覚!その手口をここに公開する


音楽番組の出演に関して、こんな話がある。

オリコン15位までに入れたら、『HEY!HEY!HEY!』に出演でき、
10位までに入れたら、『ミュージックステーション』に出演できる


音楽関係者の話によると、1回テレビに出演すれば、それだけでものすごい宣伝効果があり、売上枚数も飛躍的に伸びるらしい。
そして、運よくヒットすれば大金が転がり込んでくる。
ならば、本人達はなんとしてでもテレビに出たいところだろう。

確かに、大物アーティストや大手芸能プロ所属であれば話が違うだろうが、新人アーティストであれば、この条件をクリアしなければ出演できないと決まっているそうだ。

要は、順位を上げるために売上をのばさなければ、テレビに出ることも出来ず、それ以上の売上は見込めないということだ。



ということで、少しでもアーティストの順位を上げるために、
“あらゆるレコード店を巡回し、その店ごとに同一のCDを大量に買い込む”
という仕事がこの世には存在するのだ。


もちろん違法行為である。


やりかたは、こうだ。


基本的に仕事は会社に登録しているアルバイトが行う。
アルバイトは、いくつかのブロックごとに分けられ、各ブロックで決められたルートを巡回していく。

まずはじめに、アルバイトは会社からCD代金と交通費、担当するブロックの地図をもらう。
      ↓
巡回するルートの店で、怪しまれないように各店5枚ずつ計30枚程度購入する。
      ↓
購入対象のCDなかった場合は、そのCDを予約。
      ↓
購入したCDは会社に持ち帰る。
      ↓
会社はそのCDをアーティストの所属事務所に返す。


要は、所属事務所が買取るという自作自演が平然と行われているのだ。



こちらが、各グループごとの購入店舗一覧。
ここには、各店舗の所在地、営業時間、利用電車とその最寄り駅、日付と購入者、購買枚数、巡回ルートとそれにかかる電車運賃などが記されている。(ちなみに、この一覧に記されている対象CDは“mihimaru GT”『LOVE is…』)


これがその対象マキシシングル『LOVE is…』。9月7日発売。






上記の画像2枚は、購入店舗一覧の一部を拡大したもの。
黒い線の部分は、担当者の名前が記載されている。
日付を見ると、発売日前日の9月6日火曜日(販売は可能)から9月11日日曜日の間で動いていることがわかる。

関係者によれば、ランキングに重要なのは最初の1週間、つまり初回売上枚数とのこと。
ここの売上によるランキング次第で、今後メディアで取り上げられる度合いも違ってくるとのこと。

オリコンの集計締め切りは毎週月曜日。
そのことを考えると、申し合わせたように日程もピタリと一致する。


各ブロックの巡回ルートと電車運賃が記載されている。



このCDの購入枚数と思われるメモ。
ギフト分は予約分(後払い)のことだろうか。



見積書。ここにはCDの購入代金は含まれておらず、アルバイトの人件費と思われる。
上のメモと見比べたらわかるが、ほぼ購入枚数が一致する。

「購入枚数の約半分は、こういったバイトの人が購入したものがほとんど」(前述関係者)

この資料によれば、どうやら関東の一部だけで行われたようだが、他の地域も含めて全国的に行われている可能性も十分ありえる。

“mihimaru GT”は、この『LOVE is…』で、オリコンシングルチャート初登場26位と、自己最高記録を更新した。
はたして、これは偶然だろうか?



また、他にも

「KinKi Kids  11/16 or 11/23」

と記されたメモも残されており、16日はちょうど“KinKi Kids”のアルバム発売日と合致する。
このことは、一体何を意味しているのだろうか?


もし、同じようなことが行われてるとしたら…。

シングルチャート初登場1位の連続記録も、


イカサマ!?



いずれにせよ、業界ぐるみで消費者を騙しているのは確かなようだ。



特捜班


探偵ファイルのトップへ戻る