●更新日 02/13●

不精者の受難


設問:あなたは、6畳一間の古いアパートに住んでいます。
ある日、そのあなたの部屋に26人の「AKEBONO」が押しかけてきました。



「やめてください!やめてください!」と、あなたは必死に彼らを止めようとしますが、何しろ相手はAKEBONOです。
いくら「K−1」で負け込んでいるとはいえ、あなたに止められるものではありません。

さて、あなたの部屋はどうなってしまうでしょう?

答え:以下の写真のとおり。







床が抜けます。


2月6日午後7時頃。東京都豊島区目白のアパートで2階部分の床が大破・崩落。住人もろとも1階へ落下するという事故が起こった。

2階の男性(56)が溜め込み続けた雑誌等の重みのため、床が抜けてしまったのだった。

溜め込んだ雑誌は、なんと24年分。重量は少なくみても6トン以上。ざっと「AKEBONO」26人分!

「天井が軋む異音に気が付いて、外に出ていたから良かったようなものの、室内にいたら間違いなく死んでいた」と、1階の住人は大激怒。
自ら生み出した「雑誌の雪崩」の生き埋めとなり大怪我をした自業自得の男性は、レスキュー隊員に救助され病院に担ぎ込まれていったという。

道路にまで広がったこの「雑誌雪崩」。なにせ20年以上にわたって溜め込まれていたものだから、中には、今では手に入らなくなった雑誌や、エロビデオ、盗撮写真など「レアモノ」も含まれるという。

そこで、どんな雑誌が見つかるか行ってみると、あるわ、あるわ、時代を感じさせる蔵書の数々!


既に廃刊となっている『平凡パンチ』 それにしても、スゲー表紙だなぁ。


「週間サンケイ」の表紙を飾る『プッツン女優』石原真理子。眉毛の形に時代を感じます。



映画「里美八犬伝」の頃の薬師丸ひろ子。 かわい〜!


「アデランス」の広告。こうしてみると、アデランスの技術って日々進歩してるんですね。


「スーパーファミコン」 ソフト販売数では「スーパーマリオ」を「ドラクエV」が追い上げてます。

怪我をした上、20年間にわたるプライバシーを思いっきり暴露するはめになってしまった問題の男性は、これらの雑誌の処分を認め、担ぎ込まれた病院でしょんぼりしていたという。

無精者を自認するお一人暮らしの男性の方々には、「人ごとじゃないな……」などと感じる方も意外に多いのでは?

くれぐれもご注意を。



九坪・特捜班


探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事