●更新日 07/25●

バトル5 〜祇園 某所〜


剣道三倍段って言葉があります。剣道は武器ありきだから、剣道初段の相手に素手で立ち向かうなら三段は持っていないと話にならないという格言です。

まぁ、それを京都まで来て味わったわけですが、さすがにそれだけじゃ終われないので・・・




ラウンド2 素手!!






左ハイキックの応酬! というか、この人の空手、とても綺麗ですね。

フルコンじゃなくて、伝統空手??




ちょっと不用意。顔面無しの決まりごとでやっているからと言って近づき過ぎると、簡単に首相撲取れてしまいます。


!?

イテェ!! 何だこの痛み!!



甘くなった所を、中段突き!

痛いなぁ・・・ この痛み、多分・・・



山木 「あのさぁ! あんた、竜頭拳(中指の第二関節で殴る握り)でやっているでしょ!?」

鶏  「えぇ、そっちの方が肋骨抜けて痛みや内臓に衝撃を走らせること出来るし」

山木 「へぇ・・・ あはは!!!」




アゴに横肘打ち!!

鶏   「うほぅ!!」

山木  「あら、ごめんなさい。つい!」


二人  「あはははは・・・・」


あぁ、なんて言うか馬鹿ばっかりですね。

決まり手は唐突に訪れました。




痛い突きが来るのを我慢しながら首相撲! 僕の肋骨が折れるの先か、鶏さんの内臓が壊れるのが先か!?

と思っていたら



払い腰!

山木 「えぇぇぇ!!!」



あぁ、まただ! また押さえ込まれてしまいました!!

●動画ダウンロード
ご覧頂くには 動画再生ソフト が必要です。


立ち技に拘るのが駄目なのかなぁ・・・

そろそろ組み技も覚えた方がいいのかも・・・(苦笑)



山木


探偵ファイルのトップへ戻る